トイレの悪臭がひどく、よく見るとトイレの床板に染みのようなものがついていたことから、業者を呼び見てもらったところ、トイレ下の排水管に穴があき、そこから汚水が漏れていることが判明しました。

その結果、トイレ下の排水管・便器・トイレの床板を取り替えることとなりました。

水漏れ掲示板で探した業者によると、原因は排水管の老朽化によるものであり、こればっかりはしょうが無いという話でした。家自体は築40年近く経過しており、老朽化と言われて納得する部分が大きかったので、トイレを一新しなくてはならないというのは納得できるものでした。

工事は古い便器の除去と排水管の交換、次に床板を貼り、最後に新しい便器を設置するというものでした。

古い便器を取り外す際に、床下がどうなっていたのかを目にしたのですが、余りの汚れのひどさに絶句してしまいました。正直二度と目にしたくはないです。工事自体は1週間程度で終了し、無事清潔なトイレ空間を手に入れることに成功し、見違えるように綺麗になったトイレに大満足しています。

しかし家の老朽化による水回りのトラブルというのは、浴室やキッチン等のトイレ以外でも起こりうるわけで、そうしたことを考えるとあまり呑気に構えてもいられないなあという気分にもさせられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です