私は賃貸アパートで独り暮らしをしている時にトイレで水を流す度にパイプから水がポタポタと流れるようになりました。

始めは自己解決しようと確認してみたのですがバルブが緩んできたようで自分で出来ずに不動産に連絡をしました。
不動産の方がきて対応してもらうまで日数が1週間ほどあり自分で水漏れの部分にタオルを置いたり、洗面器を置いて水受けを設置しました。
置かないと木材の床でしたので何もしないと床が濡れてしまったので応急処置で行いました。

不動産の担当の方が確認に来てくださったトイレ水漏れ修理業者さんにお願いして水漏れはすぐに解決しました。
1週間の期間でしたがトイレに行き水を流す度に水漏れが発生するのでタオルや洗面器で対応していた時は友人が来てトイレに入った時にどうしたの?と聞かれました。
バルブの緩みで業者さんがきてすぐに直って良かったです。
数日様子をみてそれから直る気配がなかったので不動産に連絡したのですが数日様子を見ないですぐに連絡したら良かったのかなと感じました。
今後トイレのトラブルがあったら早めに不動産に連絡をしようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です