笑顔の医者と看護師

早めに改善する

綺麗な脚

巻き爪の治療費について

巻き爪でお困りの方は意外と多く、足に合わない靴を履くことが原因で起こることが多いです。 軽い巻き爪になった場合、そのまま足に合わない靴を履き続けると爪の変形が進み、アーチのような形に盛り上がり痛みを伴う場合があります。 このように悪化しますと、自然に元の正常な爪の形に戻すことが困難です。 しかし、変形した爪は皮膚科にかかることで治すことができます。 また、外科や整形外科でも治療ができますのでご相談下さい。 治療方法は、巻き爪の状態によって様々あります。 また、保険適用がある場合とない場合がありますので、まずは医療機関で診察を受けてご確認下さい。 巻き爪は、すぐに治せるものではありませんので、トータルの治療費は保険適用の利く場合ですと1万円から数万円かかります。

自分で予防することができます

巻き爪は、一度なってしまうと治療に費用も期間もかかりますので、できれば普段から予防を心がけたいです。 まずは、足に合わない靴を選ばないようにして下さい。 ハイヒールを履く女性が多いですが、ヒールが高過ぎるとそれだけ足先に負担がかかります。 足先に負担がかかるということは、爪にもかなりの負担がかかることになります。 立ったままでの長時間の使用は避けた方が良いです。 普段の爪の切り方については、切り過ぎないことが予防の最大のポイントです。 深爪をすると足の皮膚に爪がくい込んで化膿してしまうことがあります。 こういったことが原因で巻き爪を引き起こします。 また、爪を延ばし過ぎることも爪に良くありませんから、爪の長さは足の指先ほどの長さに保つようにして下さい。 足の爪は体を支えるための力がとても入りやすい部分です。 とても大事な役割を果たす部分ですから、普段のケアをきちんと行って下さい。その他にも、皮膚科では爪水虫の治療なども行なっているのでしっかりと受診してもらうことが大切です。

オススメリンク

ピックアップ

悪化する前に治療する

指を立てる医師

誰もが発症する可能性のある水虫は、感染してしまうので気をつけなければなりません。また、自然に治るものではないので皮膚科を受診し、治療をしてもらうことで改善することが出来るでしょう。

悪化する前に治療する

症状が拡大化する

床に下ろした足

爪水虫は通常の水虫と違って爪の部分に出来るもので、普段から爪の色などを確認しておく必要があります。変色などが見られた場合、爪水虫に感染している可能性があるので疑いがある際は皮膚科に足を運んでみると良いです。

症状が拡大化する

定期的に治療を受ける

足を触る女性

爪水虫に感染した場合、一回の治療では完治することが出来ません。また、レーザー治療では一ヶ月に一回の通院になるので負担も少なく、完治が望めるので自分に合った治療法でしっかりと治療をしましょう。

定期的に治療を受ける

新着記事

皮膚トラブルを早急に改善

笑顔の女性医師

新宿には駅から徒歩数分で利用することが出来る皮膚科があり、様々なトラブルに対処してくれるので気軽に利用することが出来ます。ニキビなどでも活用でき、すぐに改善出来るので積極的に活用しましょう。

皮膚トラブルを早急に改善