4年前に結婚し、現在のマンションに引っ越してきました。私が住んでいるマンションは、リフォームをしているので見た目には綺麗なのですが、建てられたのは昭和62年という年季の入ったところです。リビングや寝室は今風なのですが、トイレやお風呂は少し年季が入っているのです。
引っ越してきてすぐのある日、夜中にトイレに行きました。きちんと水を流して、再度寝て、朝起きると水が流れている音が聞こえるのです。主人かなと思い隣を見ると、まだ寝ています。トイレに見に行ってみると、トイレの水がずっと流れ続けているのです。ビックリしてすぐにマンションの管理事務所に電話をし、来てもらいました。
するとトイレのレバーが緩んでおり、その結果ずっと水を流し続けている状態になっていたそうです。つまり、夜中に私が流した時から朝方までずっと流れていたのです。
水道代が非常にもったいないことをしてしまいました。管理事務所の方にきちんと直してもらった結果、それ以降はこのようなことは起こらなくなりましたが、年季の入ったマンションに住む場合は注意が必要だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です