かつて住んでいた台所の蛇口は特殊な形状だったために、故障が起きた時には修理が大変でした。

住んでから5年ほど経過した頃に蛇口が空回りするようになって水道が止められなくなるというトラブルがありました。最初は自分たちで蛇口のみを購入して交換してみようと思ったのですが、サイズが特殊なことから合うものが販売されていませんでした。

自己解決できそうになかったので業者に見てもらった結果、メーカー側に取り寄せしないといけないということでお願いすることにしました。そしてその取り寄せ期間までに1週間程度かかってしまったことから、その間は台所で料理自体ができなくなってしまったり食事の片付けもできない状態でした。

仕方なく洗面所を利用したり外へ食べに行ったりすることでしのいだのですが、蛇口にもさまざまな形態があって簡単には修理が完了しないものもあるのだということを知りました。なので今後別の物件に住むのであれば、台所をはじめとした水回りの蛇口のサイズを見ておいて修理が必要になってもすぐにできるようなところがいいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です